住宅ローン以外の諸費用をローン返済に組み入れられる?

住宅ローン返済計画を立てる際には、住宅ローンそのもの以外に、生活においてどのような諸費用がかかってくるかを考えておくことが非常に重要です。
その中でも最も重要なポイントが教育費です。
子育て世代にとっての気がかりはなんといっても子供の教育費です。
義務教育は当たり前として、できれば希望の高校や専門学校、大学などに進ませてあげたいものです。
マイホームのために、子供たちの教育を犠牲にするようでは何のためのマイホームなのかも分からなくなってしまいます。
それでは実際にどのくらいの教育費がかかるのかというと、高校から大学までの入学金や授業料などを合わせた1人あたりの負担は、国立か私立によっても変わってきますが、700万円から1200万円前後はかかってきます。
しかも遠隔地の大学で下宿させるともなると、さらにこの負担は大きくなってきます。
このようなことをシミュレーションしながら、住宅ローンの返済計画は長期的に考えておくことが極めて重要になってくるのです。
新生銀行住宅ローン手数料